岡山県岡山市南区と愛媛県四国中央市に口コミ率90%以上を誇るオスグッドやスポーツ障害を専門とする小さな整体院があります


どれみ自然整体院
アクセス

症例別メニューに戻る



岡山での施術希望の方はこちらへ
↓ ↓ ↓
http://www.doremi77.com/osgood



オスグッド・シュラッター病(成長痛)


写真

オスグッド病とは

正式名称はオスグッド・シュラッター病といって、主にスポーツをやっている10代の子供たちに多く
見られる膝の病気です。
いわゆる成長期に起こりやすいため、一般に成長痛とも呼ばれています。
これは大腿四頭筋(太もも)の緊張によって、脛骨粗面(膝少し下)が牽引され痛みが発症します。
多くは膝を曲げたり体重をかけたりすると痛みがあり、走ったり階段の昇り降りが困難になります。
酷くなると地面に足をつくことさえできなくなってしまいます。


オスグッド病はどんな人がなりやすい?

写真

オスグッドは大腿四頭筋の緊張が大きな原因ですので、野球、サッカー、バスケット、バレーボール、テニスなど走ったり、
ジャンプしたりなど、足に激しい負荷をかけるスポーツをしている子供たちに起こりやすい病気です。
特に筋肉や関節の硬い子供たちがなりやすいです。 日頃のケア不足も大きな要因になります。
オスグッド(成長痛)といっても、必ず起こるわけでもないし、片方の膝だけにしか起こらない場合
もあります。
それは、左右の筋肉にかかる負荷と柔軟性に違いがあるからです。


オスグッド病を治さないでスポーツを続けていると・・・

非常に危険です!
走ったり、ジャンプしたりなどで既に症状がある状態だと、当然ながら常に痛い足をかばうことに
なります。
そうなると症状が出てなかったもう片方の足や股関節、腰椎、足首などにも負荷がかかってくるので、
オスグッドから更に股関節症など別の病気を引き起こす可能性が出てくる場合が多くあります。


医療機関でのオスグッド治療

病院や整形外科などではレントゲンから、脛骨粗面がはがれているのが原因という認識のため、
オスグッドベルトといわれるサポーターのようなものを患部に当てて症状を軽減させる方法を取っている
場合が多いようです。
他に、湿布や温熱療法、電気治療などで治療を行っています。
重症になると手術ではがれた骨を除去します。
しかし、それだけでは完全に痛みを取るのは難しいのです。
もちろん成長が止まり時間が立てば痛みがなくなってきます。
その間、数年間大好きなスポーツをしないで待てますか?
また、これから成長していく子供たちに手術はあまりに大きな代償ではないですか?


当院のオスグッド施術法

痛みには必ず原因があります。
症状を起こしている原因がわかり、適切な施術をすれば、オスグッドは短期間で改善できます。
もちろん予防することも十分可能なのです。
オスグッドを引き起こしている原因は症状がある患部だけではなく、膝周りを取り巻く多くの筋肉や臀部、
腰部など一見関係なさそうな筋肉にもあります。

上で記述もしましたとおり、大腿四頭筋の緊張が大きな原因となりますが、症状が重症になってくるほど、
いろんな原因が出てきます。

それらを施術していくことで、オスグッドの痛みを取り、さらにオスグッドになりにくい身体を作っていきます。
脛骨粗面がはがれていても痛みはなくなります。
ということははがれているのが原因ではないということになりますよね。
もちろん自宅でできる自己療法も指導しています。
オスグッドでお悩みの方は、いち早くご相談ください。



スマホ対応の新しいHPです!



どれみ自然整体院で回復された患者様の声








当院のオスグッド症例はこちら




ご予約・お問い合わせはこちら

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

どれみ自然整体院

岡山県岡山市南区福島4−10−22
愛媛県四国中央市土居町津根2447−3

TEL:090−7890−6221

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆






症例別メニューに戻る





当サイト内の無断転載を禁止します
Copyright(c)2007 doremi shizenseitaiin All rights reserved.
Photo by m-style. Base template by WEB MAGIC.